スマホ決済

【スマホ決済】メタップス社発のpringのメリット・デメリットについて!

こんにちは、よしきです!

 

今回はスマホ決済サービスを展開しているpringについてご紹介します。

スマホ決済サービスが乱立するなかで、新規参入してきたサービスです。

楽天ペイ、Origami Payと異なるポイントは、pringでは『個人間送金ができる』ところです!!

あわせて読みたい
【比較】スマホ決済サービスたくさんあるけど、どれが生き残る?こんばんは、よしきです! 今回は少し変わった内容をお届け! 一応、ベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業...

では、いってみましょう!

pringについて

『pring』は株式会社pringが提供する送金・スマホ決済サービスです。

上場企業のメタップスとWiLが共同出資して設立された会社なんです。

楽天ペイ、Origami Payがかなり前からサービスリリースをしているのに対して、実はpringは2018年3月からサービスを提供しています。

(引用元:https://www.pring.jp/

このようにスマホ決済。送金業界に新しい風を起こそうと、ユーザーフレンドリーなアプリになっており、とても使いやすい設計になっています!

よしき
よしき
まだ半年しか経ってないんやな。

《iOS版》

pring (プリン) - 送受金アプリ
pring (プリン) - 送受金アプリ

《Android版》

 

pringのページはちら

メリット

銀行口座と紐付けることができる。

pringの大きな特徴は銀行口座と連携することができるというところです。

銀行口座と連携することで、pringへのチャージをすると銀行口座からの引き出しが即時に行うことができるんです。

よしき
よしき
まあ最近はOrigamiも銀行口座と連携するようになってきているからな〜

サービスがリリースされてからまだ半年しか経っていませんが、現在9行の銀行と連携しています。

(引用元:https://www.pring.jp/

Origami同様、住信SBIネット銀行、楽天銀行が早く連携することを心待ちにしています。笑

あわせて読みたい
【使い勝手最高!】楽天銀行デビットカードのメリット&デメリットについてまとめたよ。こんばんは、よしきです! https://twitter.com/yoshiki_blog/status/10313709...
あわせて読みたい
【新社会人も必見!】住信SBIネット銀行の口座を開設するべき理由。こんばんは、よしきです! 僕も大学時代からお世話になっている銀行、住信SBIネット銀行についてご紹介します! この銀...

無料で利用ができる。

ユーザーは加盟店での決済、お金の送金、pringへのチャージ、pringから銀行口座へ返金すること、全てが無料で利用することができます!

これはかなり革新的です。

(引用元:https://www.pring.jp/

LINE Payの場合は銀行口座に出金するのに手数料216円かかるので、無料で自由に資金を移動できるのはかなり良いですね。

pringへのチャージ、pringから銀行口座への返金が無料なのを活かせば、自分の銀行口座間を無料で資金移動することができちゃうんです!!

使いやすいアプリ設計

これは他のスマホ決済サービスのなかでも一つ頭が抜けていると思います。

見やすいのはもちろんなのですが、『お金をおくる』、『お金をもらう』、『お店ではらう』と、分かりやすい言葉で書いてあります。

また、pringのデザインも可愛らしいものなので若い女性に受けるんじゃないでしょうか?笑

デメリット

加盟店がまだ少ない。

まだアプリを提供してから日にちが経っていなこともありますが、加盟店は北九州の一部の店舗、福島市内の一部の店舗くらいしかありません。

なぜ北九州と福島かというと、pringがうまく機能するかの実証実験をみずほ銀行主体で進めていたからなんです。

楽天ペイやLINE Payとは異なり顧客基盤がない状態でのスタートですので、この加盟店開拓は他のサービスと比べるとかなり苦戦するのではないでしょうか。

紐付けることができる銀行がまだ少ない。

(引用元:https://www.pring.jp/

このように9行の銀行と連携が進んでいますが、正直僕にとっては利用価値がない銀行なんですよね・・・

もっともっと提携銀行が増えてくると、爆発的に普及してくんじゃないでしょうか??

最後に

いかがでしたか。

決済も個人間送金も無料でできるのはかなり魅力的ですよね〜

果たしてこのスマホ決済業界で天下を取れるのか??

見どころですね!!!

 

おしまい!