銀行口座

【送金アプリ】Money Tapのメリット・デメリットについて!

こんにちは、よしきです!

 

ついにサービスがリリースされましたね〜

最近はPayPayや楽天ペイなどの『スマホ決済サービス』に焦点を当てて記事を書いてきましたが、今回は個人間送金に特化したアプリ『Money Tap』がリリースされましたので、さっそくインストールしてご紹介していきますよ〜

では、いってみましょう!

Money Tapについて

Money Tapは24時間365日いつでも即送金が可能なアプリです。

ニュースとかでは『SBIがリリースした送金アプリ』みたいな書き方が多いですが、これは少し間違えです。

SBIホールディングスの子会社であるSBI Ripple Aiaが事務局を務める『内外為替一元化コンソーシアム』が提供しているサービスなんです。

このコンソーシアムには国内の金融機関が多く参加しており、次世代決済ネットワークをブロックチェーン・分散型台帳技術を活用して構築することを目指しています。

国内金融機関が多数参加する内外為替一元化コンソーシアムは、分散台帳技術(DLT)を活用し、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う次世代金融基盤を共同構築してまいりました。そして2017年12月には、米Ripple社の最新ソリューションである「xCurrent」を実装した商用版「RCクラウド2.0」を完成させました。

「RCクラウド2.0」に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」は、利用者による個人間の送金を、安全・リアルタイムかつ快適に行える環境を提供します。「Money Tap」は、銀行口座番号による送金の他に、携帯電話番号やQRコードを用いた送金機能も持ち合わせているアプリで、指紋による生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っております。

(引用元:https://moneytap.jp/

登録までのかんたんな流れ

アプリをインストールした後に、メールアドレスと電話番号の登録を求められます。

登録が完了するとメールとSMSでそれぞれ認証番号が届きますので、それらを入力すれば登録完了です。

その後は銀行口座の登録を行いましょう〜

2018年10月6日時点で登録が可能な金融機関は、

  • 住信SBIネット銀行
  • りそな銀行
  • スルガ銀行

の3行です。

ちなみにトップ画面はこんな感じです〜(口座番号は僕のアイコンで隠しています。笑)

とてもシンプルなUIなんですよ〜

ごちゃごちゃしすぎず必要なものだけ表示されているのはとても僕好みのデザインです。

画面下の『¥マーク』のところをタップすると、どのような手段でどこに振り込むのかを選択できるようになっています。

  • 『登録口座』:よく送金先で利用する口座を登録しておくとサクッと送金することができる
  • 『電話番号』:送金したい相手の電話番号で送金をすることができる。
  • 『QR読取』:相手が提示したQRコードをスキャンして送金することができる。
  • 『自分の口座』:登録してある自分の口座間の送金ができる。
  • 『口座番号』:送金したい相手の口座番号を入力して送金する。従来のパターンですね。

このように送金に特化したアプリがMoney Tapなのです!

《iOS版》

Money Tap-マネータップ
Money Tap-マネータップ
Developer:
Price: Free

《Android版》

Money Tapのページはこちら

メリット

24時間365日いつでも送金ができる。

24時間365日いつでも即送金ができるのが最大の特徴です。

ツイッター上にMoney Tapのデモ動画がアップされていたのですが、送金までのステップもほんとに軽快で素晴らしいものになっています。

登録した銀行口座の残高をすぐに確認できる。

僕はマネーフォワードに銀行口座を登録しておいて、マネーフォワード上でいまの残高はいくらなのか把握しています。

あわせて読みたい
【徹底検証】マネーフォワードの有料会員がお得なのか検証してみた!こんばんは、よしきです! 皆さん、家計簿は何で管理されていますか? 僕はこれまで『マネーフォワード』でお金の管理をしています...

ただ更新するのに長いときで3〜5分ほど掛かったりすることがあるので、たまにイライラしています。笑

登録できる銀行口座であれば、Money Tapでも代用することができるんじゃないかと思いますね〜

なんといってもとても見やすいデザインなので!

送金手数料は無料。

現在登録することができる銀行口座は住信ネット銀行、りそな銀行、スルガ銀行と少内容に感じますが、送金金額に関係なく何回でも送金手数料は無料です。

(引用元:https://moneytap.jp/

銀行口座と直結でストレスフリー。

PayPayやLINE Payのように銀行口座から振込をしてチャージすることは不要で、銀行口座から直接引き落とし or 入金があるので、管理がとてもカンタンなんです。

よしき
よしき
もうほんとに実店舗の銀行がいらなくなってくるんじゃない??

スマホのなかに銀行があるって感覚ですな。

デメリット

登録できる銀行口座が少ない。

まだリリースして間もないのはありますが、さすがに3行は少ないですね。。笑

Money Tapに価値を感じることができる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。

これを機に登録ができる銀行口座を開設するのもアリかと思いますよ〜

開設するなら使い勝手が非常に良い住信SBIネット銀行で決まりです!!

あわせて読みたい
【新社会人も必見!】住信SBIネット銀行の口座を開設するべき理由。こんばんは、よしきです! 僕も大学時代からお世話になっている銀行、住信SBIネット銀行についてご紹介します! この銀...
よしき
よしき
個人的には楽天銀行、三井住友銀行が登録できるようになるとヘビーユーザーになると誓いますッ!!

あくまで『送金アプリ』。

Money Tapは個人間送金に特化したアプリです。

僕の場合一番利用することになるシチュエーションは『自分の口座間送金』になるんじゃないかと思います。

これまでは振込手数料の無料回数を気にしながら資金移動を行っていましたが、Money Tapを使えばそんな心配が不要になりますね!

ただ、ユーザーのわがままを代弁するなら、

よしき
よしき
公共料金の支払いや店舗での決済もできるようにして!

だと思います。

もしかすると、次はスマホ決済サービスに進出するかもしれませんね〜

最後に

いかがでしたでしょうか。

サービス提供が始まったばかりでまだまだこれからだとは思いますが、シンプルなデザインでかなり良いサービスだと感じています!

おそらくですけれども、送金アプリとしてある程度のユーザーを獲得したあとに、オンライン決済もしくは店舗決済にも進出するのではないかと思います。。

あわせて読みたい
【比較】スマホ決済サービスたくさんあるけど、どれが生き残る?こんばんは、よしきです! 今回は少し変わった内容をお届け! 一応、ベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業...

楽天やソフトバンクが進出しているなかでSBIも参入となると、とんでもない戦争になっていきますね・・・

 

おしまい!