スマホ決済

【スマホ決済】ソフトバンク・ヤフー発PayPayのメリット・デメリットについて!

こんにちは、よしきです!

 

ついに2018年10月5日にスマホ決済サービス『PayPay』がリリースされました!!

さっそく僕もインストールしましていろいろ弄ってみましたが、かなり使いやすそうな印象です。

今回はそんなPayPayについてご紹介していきます〜

あわせて読みたい
【比較】スマホ決済サービスたくさんあるけど、どれが生き残る?こんばんは、よしきです! 今回は少し変わった内容をお届け! 一応、ベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業...

では、いってみましょう!

PayPayについて

PayPayはPayPay株式会社が提供しているスマホ決済サービスです。

このPayPay株式会社はソフトバンクとヤフーがお金を出し合って共同で設立した会社なんです。

よしき
よしき
あのソフトバンクとヤフーがタッグを組むとかやばくね・・・?

2018年10月5日にリリースされたばかりですが、ソフトバンクとヤフーが提供するサービスとあって、僕の勤務する会社内ではかなり話題になっています。

今なら新規登録で500円もらえますよ〜

《iOS版》

《Andoroid版》

決済方法はQRコードの読み取り or バーコードの提示

決済方法は他のスマホ決済サービスと同様で、『QRコードの読み取り』と『バーコードの提示』があります。

(引用元:https://paypay.ne.jp/

読み取りにかかる時間とかは他のスマホ決済サービスと大きくは変わらないでしょう。

アプリのトップ画面はこんな感じ。

残高の500円は新規登録でもらった500円です。

めちゃめちゃ便利だなと思ったのは、残高が表示されているところをタップするとすぐにバーコードを表示することができるんです。

クレジットカードを登録すれば、PayPayの残高が表示されたカードをスライドすると、クレジットカードの情報が表示されます。

お店のQRコードを読み取るときは下にある『スキャン支払い』をタップすればOKです。

銀行口座からのチャージ、クレジットカードの登録で利用できる。

PayPayを利用するには、

  1. 銀行口座からPayPay残高にチャージする。
  2. クレジットカードを登録して利用する。

この2種類になります。

銀行口座からチャージをする際には銀行口座を登録する必要がありますので登録をしましょう。

クレジットカードの登録は、他のサービスと同様でわざわざクレジットカードを取り出す必要がなく会計を済ませることができるので良いですね!

銀行口座からのチャージの際に『三菱UFJ銀行』は対応しておりません。他の金融機関の口座からチャージをするように気をつけましょう。

銀行口座への出金は現在のところ未対応となっています。このため現時点では引き出すことができませんのでご注意ください!

なぜ三菱UFJ銀行が対応していないのかはわかりません。笑

《iOS版》

《Andoroid版》

PayPayのページはこちら

メリット

登録がカンタン。

登録に時間がかかると途中で諦めてしますユーザーもいらっしゃるので、いかに負担なく登録完了まで進めるかは非常に大事です。

PayPayの登録は、

  1. PayPayアプリをインストール。
  2. 電話番号とパスワードを設定 or Yahoo! Japan IDでログインする。(SMSでの認証あり。)
  3. クレジットカード情報、銀行口座情報を登録する。

これだけで登録は完了です。

必要最低限の登録しかありませんので、負担は小さいはずです!

(引用元:https://paypay.ne.jp/

利用はすべて無料。

登録にかかる費用もナシ、決済でかかる費用も一切ありません。

(引用元:https://paypay.ne.jp/

恐ろしいですが、他のスマホ決済サービスを見てもこれがスタンダードになってきていますね・・・

ユーザー側からするととてもありがたいことなんですけどね〜

ソフトバンクとヤフーが提供するという安心感。

大手企業が提供していても使いづらいサービスがあったりしますが、一定の信頼感はやはりあります。

しかもソフトバンクとヤフー。

孫さんがスマホ決済業界を本気で攻略しに来ていると思うと、ワクワクが止まらないですよね〜笑

デメリット

加盟店数がまだ少ない。

まだサービスをリリースして全然経っていないので当然なんですが、加盟店は少ないです。笑

これからは加盟店をどれだけ多く獲得できるかの戦いになっていくと思います。

プレスリリースには今後の利用可能な店舗について記載がありましたが、モンテローザやジーンズメイトなどで利用可能となるようです。

(引用元:https://image.paypay.ne.jp/pdf/pr20181005.pdf

また、加盟店開拓の作戦として加盟店の決済手数料を3年間無料にすることを発表しています。

そうです、LINE Payと全く同じ作戦ですね。。

あわせて読みたい
【スマホ決済】LINE Payのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! たくさん出てきているスマホ決済サービスのなかで、今回はLINE Payについてご紹介します。 ...

間違いなく加盟店獲得戦争が勃発しますね・・・

これからは飲食店など自営業をされている方のところに、PayPayやLINE Payの営業担当者が訪問することになると思います。(もしかしたらもう来てる?笑)

ポイントの還元率が低い。

PayPayで支払いをすると、決済金額の0.5%のPayPayボーナスが付与されます。

PayPayボーナスとはPayPay内で使用できる電子マネーのことで、ざっくり言ってしまうと0.5%分のキャッシュバックを受けられるというものです。

これは期間を設けたキャンペーンではなく、継続して利用できる特典なのだそうです。

ただ、0.5%というのは還元率が低い気がしますね〜

「すべての支払い方法が対象」なので、PayPay電子マネーで決済するよりもクレジットカードで決済したほうがクレジットカードのポイントもゲットできるので、この電子マネーが普及する未来がなかなか描けないんじゃないでしょうか。

最後に

アプリをダウンロードして最初の印象は、

よしき
よしき
さすがソフトバンクとヤフー。見やすい!!

でした。

PayPayのHPにありましたが、営業拠点が全国に設置されていてソフトバンク、ヤフーの人員を大きく割いてPayPayを広めていこうとする本気度合いが伺えます。

(引用元:https://www.paypay-corp.co.jp/

ひとまず実際の決済はまだ試せていないので、試しに決済できたらこの記事に追加でレビュー書いていきます〜

ほんとどこが勝ち残るんでしょうかね〜笑

 

おしまい!