失敗談

【お手軽チェックリスト】ネットワークビジネスをやっている人の特徴はコレだ!!

こんばんは、よしきです!

 

僕は社会人2年目のときに、ネットワークビジネス(MLM、マルチ)にどっぷり浸かっていました。

1年間ほど継続したのですが、なかなか止めるに止められず100万円の借金を作って撤退しました。

僕がネットワークビジネスに出会って、ハマって、止めるまでについてはこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
【借金150万円】僕がネットワークビジネス(MLM)にハマッていった経緯。こんばんは、よしきです! 自己紹介にも書いてある通り、今回は『ネットワークビジネス』にハマッていった経緯を赤裸々に綴ろうと...

今回はタイトルにもあるように、この経験から『身近の人がネットワークビジネスに取り組んでいるか』が分かるチェックリストを作りました!

ただ、ネットワークビジネスをやるかやらないかは、しっかり自分の頭と目で判断してください。

このチェックリストの目的は、『気づいたら勧誘されていた』という事態を避けるためにあります。

勧誘される側も勧誘する側も良いことはありませんからね。

ではいってみましょう!

 

お手軽チェックリスト

該当率20%の項目

土日は忙しいと言っている。

飲みの誘いや旅行の誘いをしても、なかなか話に乗ってこなくなった。こうなってくると、少し気になりますね〜

まあ、単に仕事で忙しいのか、もしくはスケジュールをパンパンにすることが好きな人という可能性が十分にありえますので、ここでは判断はできないでしょう。

ちなみに土日が忙しくなるのは、朝から夕方までセミナーがパンパンに詰まっているからです。

 

よしき
よしき
月に1回は神戸でセミナーがあって、金曜の夜の夜行バスで行って月曜の早朝に東京に戻るというハードスケジュールもあったぞ。

 

読書と無縁だったはずが自己啓発本を読むようになった。

社会人になれば少しはそういった本を読むようになりますので、これも該当率は低めにしました。

かの有名な『あの本』を薦められたら、該当率は少し上昇しますね。

それがコチラ。

誤解してほしくないのですが、薦められる本はどれも必ずタメになります!!

中でもめちゃめちゃタメになったのはこの本。

created by Rinker
¥1,320
(2018/10/22 10:13:24時点 Amazon調べ-詳細)

僕の父親は地元で小さな会社を経営しているのですが、そんな父親にこの本を薦めたところ、

 

父親
父親
この本を教えてくれてありがとう。これからやろうと思っていることの後押しになったよ。

 

と、これまでにないくらいの勢いで褒められました。笑

薦めてくれる本はどれもタメになるものなんです。

 

帰省の回数が減っている。

これは一つ目の項目『土日が忙しい』と通ずるものがありますね。ですので、単に仕事が忙しくて時間がない可能性も十分に考えられます。

ただ、『実家に帰る』というイベントは重要度が高いので、帰省の回数が減っている or 何年も帰っていないということであれば、該当率が高まるのでここら辺に記載しました。

 

よしき
よしき
僕は年末は最低限帰ってました。

 

将来について不安を過度に煽る

『人生100年時代』や『年金がないことへの不安』はメディアでもよく取り上げられていますね〜

これ自体は事実なのでちゃんと戦略を練るべきことなのですが、必要以上に不安を煽ってくる(例えば、振り返ると会話の大半がこの話だったとか。)ことがあれば、該当率は上昇してくるでしょう。

ぜひ次の項目をチェックしてみてください!

 

該当率60%の項目

恋人を見つけるのが目的でないのに、めちゃめちゃ合コンをしている。

そうなんです。

彼氏・彼女を探している、もしくはアバンチュールを狙っているのであれば、まあ筋は通っているのですが、

 

A男さん
A男さん
飲み会の場が好きでよくやるよ。
B子さん
B子さん
色んな人と出会うのが面白くてね!

 

と言う人は該当率高めです。

僕も同じように言ってましたけど、「だからといって、週1,2回も合コン開くモチベーションにはならんだろ、ふつう。」と思いますね。笑

ちなみに、これは『友人』を増やして『ビジネスパートナー』候補を掘り起こす作業という意味合いがあります。

僕も同じく、月4回は必ず合コンの幹事をしていました。

このときの経験を活かして、今は『合コン幹事の手引き』を書いてます。笑

あわせて読みたい
【合コン幹事の手引き①】自分が楽しんでいれば、その合コンは良い会になる!こんばんは、よしきです! 今回はこれまで書いてきた記事とは少し毛並みが異なります。笑 僕の実...

 

身の回りのものにこだわりを持ち始めた。

女性の場合は自分の肌にあったものがあるはずですので、こだわりがあるのは当然です。

男性でスキンケアや日用消耗品にこだわりを持っているようなら、該当率はかなり高めです!

僕もこだわりのハンドクリーム(笑)を使っていたのですが、このおかげかは分かりませんが肌はめちゃめちゃキレイですよ!

どれくらいかというと、手タレントに応募して写真選考に通過しました。

あわせて読みたい
【実録】会社員男性(25才)が手タレントに応募した体験を書いてみた。こんばんは、よしきです! 「読者の方々がしくじらずにうまくいくための参考にしてほしい」ことを願って、僕はこのブログで『これ...

ちなみにこんな手です。

 

 

LINEの名前が本名からは程遠いニックネーム。

これは該当率かなり高いですぞ!

ポイントは、名前からは程遠いニックネームであること。

ネットワークビジネスに取り組んでいるチームはお互いを『ニックネーム』で呼び合う慣習があります。(理由は個人情報を不用意に出さないためかな?)

規模が大きくなるとありふれたニックネームでは被り始めてきます。

『被らないようにするため』ともうひとつ『インパクトのあるニックネームにしてチームリーダーに覚えてもらえるようにするため』でもあるのです。

LINEを交換して「は??」となったら、この次の項目に進んでください。笑

 

「会おう」と言われて行ったらカフェでお茶するだった。

ケース①:男性同士

男性同士で合うとなったら、居酒屋かラーメン屋って相場が決まってるじゃないですかあ!?(あと焼肉くらい)

男二人でカフェって98%くらいの確率で起き得ないシチュエーションですよね。笑

ケース②:異性同士

この場合でもカフェという選択肢は少し考えにくいと思います。

仲が良ければ飲みにいくと思いますし、出会ったばかりであればカフェで済まさずに一緒に食事をすると思いますし・・・

あるとすれば、2軒目でカフェに行くくらいですかね。

 

よしき
よしき
僕が当時良く使っていたのは『夜カフェ』だったな〜

 

ケース③:女性同士

この場合は、例外ですね。。笑

全然あり得ることなのでこの項目に当てはめずに他の項目をチェックして様子を見ましょう。

 

ちなみに、カフェとなる理由は皆さんの想像通り『できるだけ費用を抑えるため』です。

 

現状で満足しているのか聞いてくる。

これは、前の項目にあった『将来の不安を過度に煽る』の延長上にあるものです。

その感じている不安に対して何か戦略は練っているのか、これまで自分自身で様々な選択肢の中から選んで今に至るけれど、そんな自分の現状に満足しているのか、と深掘りするように聞かれてくると思います。

この話の先に『ビジネスを提案する』ことが待っていますので、このような深掘りをしてくるのです。

普通の会話だったらここまで深くは話しませんよね??

ここまで踏み込んでくると、該当率はグンと上昇します。

 

該当率95%の項目

ルームシェアして都心に住むようになった。

ルームシェアは最近のトレンドではあるので、これだけで結論づけるのは危ないです。

ただよくよく話を聞いていき、

  • まあまあな都心に住んでいる。
  • 3,4人で一部屋を共有している。

ようであれば、ほぼほぼネットワークビジネスに取り組んでいると思っていいでしょう。

他の項目にも複数該当しているかはチェックしましょうね!

ちなみに、ネットワークビジネスのチームはそれぞれ活動拠点みたいなものがあり、チームリーダーと密なコミュニケーションを可能とするため、各活動拠点周辺に住んでいます。

それで、その拠点が一人暮らしをするにはかなりコストがかかる場所が多いため、少しでも家賃を浮かせるためにルームシェアを行っているのです。

ルームシェアしてるメンバーの家に行ったことがありますが、無視も多くてめちゃめちゃ汚かったです・・・

 

よしき
よしき
僕はルームシェアは絶対に嫌だったので、活動拠点近くで一人暮らししてた。

 

正社員として勤めていた会社を退職し、派遣社員になっていた。

正社員⇒正社員の転職なら普通に有り得ることですが、正社員から派遣社員へと転職しているようでしたら、この項目だけでほぼほぼ結論づけてもいいと思います。

派遣社員になることで夕方以降の時間を確保し、合コンやイベントを行って『ビジネスパートナー』候補を掘り起こす、という流れですな。

まあ、可能性があるとすれば、ネットワークビジネス以外の副業(例えばブロガーとか)を継続していて、本業に費やしていた時間を副業の時間にシフトするため、ですかね〜

まあ、この可能性は殆どないと思ってもらってもいいような気がします!

 

「周りに成功した経営者がいる。」と言ってる。(『師匠』ができた。)

これは色んなところでも言われていますが、まあ間違いなくネットワークビジネス関係者でしょう。笑

こうやって話を持っていき、自分が今のように変化した経緯を伝えるのがよくあるパターンです。

ビジネスに興味があるならば、詳しく話を聞いてみるといいですよ〜

 

最後に

いかがでしたか?

基本的には、下に行けば行くほど該当確率が高くなるように項目を並べてあります。

当然ながら、今回作成したチェックリストはあくまで僕自身の経験に基づいたものですので、参考程度にしてください。笑

また『ネットワークビジネス=悪』というつもりは全くありません。

僕自身いろいろなことを学ばせてもらいましたし、このブログで書いていることの根底に学んだことが活かされていることは結構あります。

大事なのは『なぜ取り組むことにしたのか』ということ。自分自身で選んだ選択なので、好きにやってみるべきだと思います。

リタイアした者から一つ言わせてもらうと、

 

よしき
よしき
カンタンなものではなく、めちゃくちゃ負荷が掛かることを覚悟して始めなよ。

 

おしまい!