スマホ決済

【比較】スマホ決済サービスたくさんあるけど、どれが生き残る?

こんばんは、よしきです!

 

今回は少し変わった内容をお届け!

一応、ベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業と接しているのですが、その中で気になる『送金・決済サービス業界』について、自分なりにまとめてみました。

今回お届けする内容はこちら!

  • 送金・決済サービス業界は様々なプレイヤーが参入しているレッドオーシャンな業界。
  • いくつかのサービスをご紹介。
  • どのサービスが生き残るのか!?

では、いってみましょう!

日本はまだまだ『現金主義』

よく言われていることですが、日本には現金主義が今でも残っています。

「信頼できるのはやっぱり現金。」、「クレジットカードは使いすぎるから使わない。」という人が多くいます。

僕は東京の23区内のかなり都心のほうに住んでいますが、こんな都心の飲食店でもクレジットカードが使えないお店が多数あります。

日本という豊かな先進国なのに衝撃ですよね・・・

僕も楽天銀行のデビットカードで普段の生活費を支払っているので、ちょっと不便です。

あわせて読みたい
【使い勝手最高!】楽天銀行デビットカードのメリット&デメリットについてまとめたよ。こんばんは、よしきです! https://twitter.com/yoshiki_blog/status/10313709...

政府も重い腰を上げて、キャッシュレス化を推進しています。

そんな政府は東京オリンピックまでにキャッシュレス比率40%を目標としています。

民間の調査によると、2017年は23.1%で、2020年には29.4%となっている見込みです。

東京オリンピック間に合いませんね・・・笑

日本は他の先進国と比べて、キャッシュレス化がとても遅いんです。

 

よしき
よしき
海外の観光客からすると衝撃だろうな・・・

日本にもキャッシュレス化の波は必ず来る

これまで書いてきたように、先進国と比べても日本はキャッシュレス化のスピードがとても遅いです。

それでも、現金主義がずっと残ることはなく遅いながらも確実にキャッシュレス化の時代はやってきます。

これは、

  1. インバウンド需要をしっかりと取り込むため。
  2. 現金の管理コストを削減するため。

この2つが主な理由です。

インバウンド需要を取り込むため。

これはイメージしやすいですね。

日本政府観光局の統計データによると、訪日外国人数は最近5年で増加傾向にあり、2017年の訪日外国人数は3,000万人に迫る数字となっています。

その一方で、訪日外国人のなかで最も多い割合を占める中国を始め、訪日外国人数が多い国は日本よりも遥かにキャッシュレス化が進んでいる国々ばかりで、「日本でもクレジットカードは余裕で使えるでしょ?だって日本なんだし?」と捉えています。

そんな意識を持っているのに、「うちは現金しか使えないよ。」とか伝えてしまったら売上に貢献してくれる観光客も寄り付かなくなりますよね?

インバウンド需要をしっかり取りきって、観光客にお金を落として貰う必要があるのです。

現金の管理コストを削減するため

こっちは消費者側よりも事業者側のお話です。

各銀行は預金者がどこでも預金の預入・引出ができるようにATMを設置しています。

これはほったらかしにしているのでは当然なく、定期的なメンテナンスや現金の補充などで一定のコストを垂れ流しているんです。

キャッシュレス化を推進していけば、ATMが街から徐々に姿を消していき手元のスマホが銀行となって、コストの削減をすることができます!

これは飲食店などのお店にも当てはまりますね。

とんでもない初期費用を支払って設置されるPOSレジや、売上高とレジの中の現金にズレがないか確認する人件費、1日の売上高を抱えて銀行に赴いて預入をする作業。

けっこう多くの作業が簡略化できるようになるのです!

まあ、財布に現金を入れて持ち歩くこと、僕はとっってもメンドクサイと思ってます!!

なので、今ではマネークリップにカード数枚とお札数枚だけ入れて管理する生活を送っています。

あわせて読みたい
【オススメ】マネークリップのメリット・デメリットについてまとめてみたよ。こんばんは、よしきです! みなさんの財布はパンパンに膨らんでいませんか? いつの日のものかもわからないレシート、お札...

主なスマホ決済サービスの一覧

LINE pay

皆さんご存知のLINEが提供している決済サービスです。

LINEのコミュニケーションツールに送金機能もつけちゃおうということで登場したサービス。

一番の強みは何といっても、LINE友達同士ならカンタンにお金のやり取りをすることができるところ。

銀行口座、もしくはコンビニから事前にチャージをして、友達との送金や店舗での決済を行えます。

機能の特徴は、送金だけではなく自分に送金をするようにメッセージを送信できる『送金機能』、めんどくさい飲み会の精算がカンタンになる『割り勘機能』があります。

(引用元:https://line.me/ja/pay

加盟店は、ローソン、ツルハドラッグ、ココカラファイン等です。

あわせて読みたい
【スマホ決済】LINE Payのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! たくさん出てきているスマホ決済サービスのなかで、今回はLINE Payについてご紹介します。 ...

LINE Payのページはこちら

Origami Pay

Origami Payはベンチャー企業のOrigamiが展開しているサービスです。

アプリをダウンロードして、自身のクレジットカードを登録するだけでQRコード決済を利用することができます!

《iOS版》

Origami - お支払いアプリ
Origami - お支払いアプリ
Developer:
Price: Free

《Andoroid版》

Origami - Mobile Payment
Origami - Mobile Payment
Developer: Origami Inc.
Price: Free

加盟店は、ローソン、AOKI、ワタミグループ、日本交通など多岐にわたっています。

よしき
よしき
QRコード決済のなかではOrigamiがパイオニアだな。
あわせて読みたい
【スマホ決済】Origami Payのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! 今回はスマホ決済サービスのなかでも有名になりつつあるOrigami Payについてご紹介していき...

Origamiのページはこちら

pring

pringは一部上場企業のメタップスとみずほFGが共同で立ち上げたpring株式会社が提供しているサービスです。

特徴はお金のやり取りがカンタンにできることに加えて、メッセージを送信できるところです!

もう一つ、チャージする入口が銀行口座のみで、アプリにチャージするのも銀行口座に戻すのも無料でスムーズに行うことができます。

画面はこんな感じ。

(引用元:https://www.pring.jp/

《iOS版》

pring (プリン) - 送受金アプリ
pring (プリン) - 送受金アプリ

《Andoroid版》

加盟店がまだまだ少ないので、決済としてはまだ使いにくいですが今後が楽しみなサービスです。

あわせて読みたい
【スマホ決済】メタップス社発のpringのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! 今回はスマホ決済サービスを展開しているpringについてご紹介します。 スマホ決済サービス...

pringのページはこちら

PayPay

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が提供するサービスです。

あ、『パイパイ』じゃなくて『ペイペイ』って読みますよ!笑

まだサービスは提供されておらず、2018年の秋から提供予定です。

UI/UXや利用できる店舗はまだ謎に包まれているので、判明次第更新していきます。

ソフトバンクとヤフーのタッグがスマホ決済に参入して、業界が面白くなりそうですよね!!

PayPayのページはこちら

 

2018年10月6日 追記

PayPayは2018年10月5日にサービス提供を開始しました!

僕もすぐにインストールしまして第一印象は「かなり見やすくて使いやすそう!!」でした。

あとはいかにして加盟店を増やしていくかがポイントになりますね〜

あわせて読みたい
【スマホ決済】ソフトバンク・ヤフー発PayPayのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! ついに2018年10月5日にスマホ決済サービス『PayPay』がリリースされました!! h...

メルペイ

フリマアプリ『メルカリ』が提供するサービスです。

こちらもまだサービスは展開されていませんが、既存のフリマサービスとのシナジーも見込めそうですね!

こちらも詳細が判明次第、更新していきます。

よしき
よしき
メルカリとしてはこの事業はコケられないな。

merpayのページはこちら

楽天ペイ

最後は楽天が提供しているサービスです。

クレジットカードを登録することでカンタンに利用することができ、バーコードを見せるだけ、QRコードをかざして決済することができます。

もちろん楽天ポイントも利用額の1%が貯まります!

ここで、登録するクレジットカードを楽天カードにすることでポイントの二重取りをすることができるんです!!

あわせて読みたい
【スマホ決済】楽天ペイのメリット・デメリットについて!こんにちは、よしきです! 楽天経済圏にドップリハマっているものとして、楽天ペイを利用することにしました! https...

ただ加盟店が少し少ないかな〜と感じます。

今の加盟店はこんな感じです。

(引用元:https://pay.rakuten.co.jp/shop/

楽天Payのページはこちら

どれが生き残る?

このようにとてもたくさんのスマホ決済サービスが登場してきており、まさにスマホ決済業界は群雄割拠の戦国時代に突入しています。

では、どのサービスが最後には生き残るのか?

これは完全に私見なのですが、クレジットカード業界に起こったことがスマホ決済業界にも起こると考えています。

日本では楽天カードやイオンカードなど、すでに顧客基盤を抱えている事業者が提供しているクレジットカードが多くのシェアを勝ち取ってきました。

なぜユーザーに受け入れられやすかったのかというと、既存のサービスをより便利にするための『決済機能』として投下されたサービスだったからです。

ユーザー目線で見ると、「普段の支払いが簡単になって、しかもポイントがもらえるのなら使ってみよう。」とサービス利用のハードルがとても低いからなんですね。

この流れがスマホ決済業界にもやってくるということです。

事実、小売業の雄セブン&アイHDも今年に子会社を設立して、『7 pay』という決済サービスを来春にも提供するとニュースが出ています。

具体的には小売業で顧客基盤を築いてる楽天、メルカリ、セブン&アイHDのサービスが根付くのではないかなと見ています。

最後に

主なスマホ決済サービスをご紹介しましたが、この中で僕は『楽天ペイ』を主に使っています。(使えるお店はまだまだ少ないですが・・・)

日々の生活費の支払いはデビットカード、Amazonや楽天での買い物や飲み会の精算にはクレジットカードをメインで使っています。

よくわからないポイントカードがたくさん入った財布、会計時に小銭を必死に探すことから開放されるのはとても気持ちがいいです。

どのサービスが日本に広まってくるのか楽しみにしながらこれからもチェックしていきます〜

 

おしまい!