失敗談

借金の返済に苦しみながらも、なぜネットワークビジネスを続けたのか。

こんばんは、よしきです!

 

以前、いとすぎ(@string1245)さんのブログ記事紹介企画でご紹介いただきました。

そこで、「毎月10万円ぶん買うほど頑張った詳細が気になる。」というコメントをいただいたので、書いていこうと思います!

今回お届けする内容はこちら!

  • 1年間も15万円分の商材を買い続けたのは『洗脳』されていたから。
  • 返済不可能を実感してやっと『洗脳』から目覚めることができた。

では、いってみましょう!

ネットワークビジネスにハマった経緯

「臨場感がある!」というコメントをいとすぎ(@string1245)さんから頂いた、僕がネットワークビジネスにハマっていった経緯はこちらの記事からどうぞ。

あわせて読みたい
【借金150万円】僕がネットワークビジネス(MLM)にハマッていった経緯。こんばんは、よしきです! 自己紹介にも書いてある通り、今回は『ネットワークビジネス』にハマッていった経緯を赤裸々に綴ろうと...

どうして1年間も15万円分の商材を購入し続けることができたのか。

まずは僕がハマっていたネットワークビジネスの仕組みについて書いていきます。

自分の扱う商材は自分が使って当たり前。

僕が扱っていた商材は、シャンプーや栄養ドリンクなどの日用消耗品でした。

中には好んで使っていたものもあれば使い心地が悪いものあったのですが、いま自分が使っているもので商材に置き換えることができるものは全て置き換えました。

それは経営者たるもの、自分の扱っている商品は自分が使用して当然であると教えられたからです。

サントリーの社員は飲み会をする際、プレミアムモルツが置いてある居酒屋にしか行きません。

Appleの社員はMacを使って仕事をします。

このように、一流のビジネスマンは自分の扱っている商品を使っているから、一流のビジネスパーソンを目指している君たちも同様の行動を取って当たり前だよね?と何度も何度も教えられたのです。

月商15万円が基準。

また事業を営んでいる者として『売上ナシ』はマズイ。

僕の所属していたチームでは、何が何でも『月商15万円』を達成することが基準として浸透していました。

売上を立てる方法は、

  1. ダウンラインを作って商材を購入してもらう。
  2. 自分で商材を購入する。(自家消費)

この2つでした。

『ダウンライン』というのは、自分の下につく『子』のことです。

ダウンラインも事業を一緒に始めて行く際にまずは商材を揃えるとことからスタートとなるので、その商材揃えのための購入が自分の売上として計上されるのです。

なので、ダウンラインを作ることができれば自家消費する必要はありません。

しかし、毎月ダウンラインを作って売上を作ることはそう簡単なものではありません。

僕は1年間活動してきて一人もダウンラインを作ることができなかったので、1年間すべて自家消費で売上を作っていました・・・

全て自家消費だからもちろん過剰在庫だったよ。

なかなかダウンラインを作ることができなかったので自家消費を続けていたのですが、

よしき
よしき
そもそも15万円も日用消耗品に使ってないわww

15万円も1ヶ月で使うことはないので、当然僕の家にはシャンプーやら栄養ドリンクの在庫がとんでもない量ありました。

はい、過剰在庫です!!

どれくらいかというと、

  • シャンプーは20個
  • ワックスは10個
  • 栄養ドリンクは12本入りのケースが10個

部屋の半分が倉庫と化していました・・・

最終的には商品数を少なくして15万円を達成するために、単価の高いスキンケア商品ばかり買っていました・・・

よしき
よしき
記事を書いていて自分にドン引きだわ・・・

ネットワークビジネスを辞めてからそろそろ1年経過しますが、まだ当時の在庫は残っています。

全然使いきれません。笑

ズバリ『洗脳』されていたから。

僕がネットワークビジネスにハマっていった経緯のブログを見てくださった方や、いまこの記事を見てくださっている方からすると、

A男さん
A男さん
こんなのすぐ考えたらヤバイってわかるだろ。。
B子さん
B子さん
全然理解できない。

と感じるはずです。

それでも素直に15万円を払い続けたのは『洗脳』されていたからです。

僕の捉え方としては師匠やチームを信じていたのだと思います。

この人達についていけば輝かしい未来が待っていると本気で信じていました・・・

周りのメンバーも、師匠についていけばいつか必ず成功すると信じている人が多かったので、かなり影響を受けました。

環境の力はとてつもなく大きいです。

この世界ではこれが常識だと思って15万円分の日用消耗品を購入していました。

よしき
よしき
今の彼女が初めて家に来たとき、即バレたww
あわせて読みたい
(付き合って1年の)彼女にネットワークビジネスにハマってたことを告白!彼女の反応は・・・?こんばんは、よしきです! 今回は自分のなかでもかなり攻めてる記事です。笑 タイトルにある通り、ネットワークビジネスに...

リボ払いすらキツくなりやっと目が覚めた。

もちろん毎月15万円はキャッシュフローから支払うことができずに、貯金を切り崩してやりくりをしていました。

夏と冬に入ってきたボーナスも9割くらいを返済に充ててなんとかリボ払いをしないようにしてきましたが、それも限界に。

ついにはリボ払いに設定し毎月7万円ずつ返済するようになりました。

金利は実質15.0%。

金融機関に勤めていてリボ払いがムダだと知っているにも関わらず手を出している有様・・・

盲目状態ですな、ほんと。。

毎月7万円返済しても、毎月15万円の支払いがあるので当然借金は増えていくばかりです。サルでも分かります。

そうやっていくうちに借金は100万円の大台に到達。

このままではクレジットカードの上限額に到達して実質返済不可能に陥ってしまう。

ここまで来てやっと目が覚めました。

よしき
よしき
このままでは人生終わってしまう・・・!!

こうして目が覚めた僕は自分の人生を取り戻すためにネットワークビジネスを辞めることになりました。

『自家消費を止める』という選択肢はなかった。

A男さん
A男さん
そこまで追い込まれたんなら、自家消費せずに返済に専念することをまずやるでしょ。
よしき
よしき
うん、その通りッ!!

そうなんですけれども、その選択肢はそもそも僕にはなかったんです。

それは月商15万円が基準だと思っていたから。

ここは当然として、「さあどうしたもんか。」とあれこれ悩んでいたんですよ・・・

最後に

僕が1年間も15万円を払い続けていた経緯はこんな感じですね。

信じることってとても力強いよな〜と振り返れば思います。笑

巷ではオンラインサロンやらが流行っていますが、オンラインサロンに入ることは全く問題ないです。

ただ、そこで発信されている内容が正義と鵜呑みすることは止めましょう。

情報自体は正しいことがほとんどですが、そこには必ず発信者の思惑が潜んでいます。

偉そうなこと言っている僕もまだまだ振り回されてばかりですが、地に足をつけて人生を良いものにするため頑張って歩いています!

 

おしまい!